歯のことで悩んでいるなら矯正歯科 へ行こう|健康的な歯を保つ為に

歯科

歯が少なくなる原因

白い歯

歯周病は若いうちからかかっている人も多くなっています。この病気を防ぐためには、歯に細菌ができないように、プラークをコントロールする必要が出てきます。大阪には歯磨きの仕方を指導したり、プラークの定期的な検査を行っている歯医者も多くあります。

もっと読む

歯並びをよくする

歯型

なぜ矯正するのか

私は小学生から今までの約8年間矯正歯科に通っている。最初に矯正歯科に通いはじめた時期は、まだ乳歯だらけでとても矯正歯科を始める歯が揃っているわけではなかった。だからまず、顎を広げ、歯が均等に並ぶよう矯正した。現代人の矯正歯科に通う人の多くは、顎が小さいため歯が十分に並びきれてない人が多いと言う。そのため、まずは顎を広げるか、抜歯してスペースを確保する必要があるそうだ。そして、十分にスペースを確保できればワイヤーを通して歯を綺麗に並べていく作業に取り掛かる。歯は骨と同じく硬いため、すぐに綺麗に並んだとしても、その並んだ歯をキープしとかなければ元の位置に戻ってしまう。なので、その綺麗な歯並びのままキープさせることに時間がかかってしまう。

矯正歯科に通う利点

しかし、時間はかかってしまうが矯正歯科に通って損はないと私は思う。確かに、矯正歯科に通っている間は時間も取られ、ワイヤーも邪魔になる。だけれども、それは将来の自分への投資活動だと思えば、矯正歯科に通うのも苦にはならないはずだ。歯というのは、人の印象を決めるもので、歯並びが綺麗だと印象も良くなると私は思う。だからこそ、すこしお金はかかったとしても、インプラントを利用するのではなく、自分の歯を綺麗に並べることが重要なのではないのだろうか。私自身、これまで長い間、自分の歯を矯正してきて後悔したことはない。自分の歯が綺麗になるのを見ることで、可愛くなったと思うこともあるほどだ。歯を矯正することに抵抗はあると思うが、今後の自分のためにも行っていて損はないと私は思う。

治療を行なう

歯科

立川の歯医者では数ヶ月から半年に1度定期健診に来るように伝えることが多いため、患者にとっても歯の健康意識が高くなると人気があります。また歯磨き粉や糸ようじなども支給されることもあるので、ちょっとしたサービスも歯医者ならではの特徴となっています。

もっと読む

歯肉は健康の源

インプラント

痩せた歯茎を回復させる方法として、遊離歯肉結合手術と結合組織移植があります。歯茎が痩せることによって生じる特徴的な症状は、歯肉炎や知覚過敏です。また、喫煙習慣がある人も、歯茎が痩せやすい傾向にあります。

もっと読む