歯が少なくなる原因|歯のことで悩んでいるなら矯正歯科 へ行こう|健康的な歯を保つ為に

歯のことで悩んでいるなら矯正歯科 へ行こう|健康的な歯を保つ為に

歯型

歯が少なくなる原因

白い歯

若いうちから発症

人間の歯は一般的には、年齢を重ねていくうちに減っていきます。当然のように年を重ねていくと歯が抜けてしまうと信じられていますが、加齢によって高まっていくのは歯周病にかかってしまうリスクです。自然に歯が抜けてしまうわけではありません。大阪でも歯周病にかかっている人は多くいます。歯を失ってしまう原因は虫歯と歯根の先の病気で6割近くを占めていて、残りの大半が歯周病が原因になっています。老化とともに、歯を失ってしまう原因になっているのは若いころからの歯の病気や、治療の積み重ねの結果になります。特に歯周病は若い年齢で発症していることが多く、年を取ってから症状が重くなって治療を行ってももとには戻りません。若いころから歯科医院で歯周病の検査を受けておくことが重要です。大阪には定期的に歯周病の検査を行っている人もいます。

大切な歯石の除去

歯周病は、人によってかかりやすさに違いが出てくる病気です。以前は口の中の清掃状態が悪い人がかかりやすいものと考えられていましたが、そうではなくて歯周病の発症に深くかかわっているのが、細菌です。歯肉の炎症を抑えるためには、歯茎のポケットにたまっている歯石を除去していかなければなりません。この歯石のことをプラークと呼んでいますが、このプラークをコントロールすることが、歯周病の予防と治療において最も重要なことになります。大阪にもこのプラークコントロールを、指導している歯医者も多くあります。歯磨きの仕方や、定期的な歯石の検査を行っている歯医者も大阪にはあります。プラークをコントロールして年をとっても数多くの歯が残るようにしましょう。